Vol. 06 森林中的现代音乐少女・Maison Book Girl

Vol. 06 森林中的现代音乐少女・Maison Book Girl

荔枝 FM 在线收听 ▶️


Playlist

  1. Maison book girl「bath room (intro)」(from 1st album「bath room」2015/09/23)
  2. Maison book girl「bath room」(from 1st album「bath room」2015/09/23)
  3. Maison book girl「my cut」(from 1st album「bath room」2015/09/23)
  4. 🎙️
  5. Maison book girl「最後のような彼女の曲」(from 1st album「bath room」2015/09/23)
  6. Maison book girl「snow irony」(from 1st album「bath room」2015/09/23)
  7. 🎙️
  8. ずんね from JC-WC「14才のおしえて」(from single「14才のおしえて」2015/11/18)
  9. いずこねこ「last cat factory」(from 1st album「最後の猫工場」2012/08/04)
  10. 🎙️
  11. Maison book girl「blue light」(from 1st EP「summer continue」2015/03/30)

歌词

(这次林少华式的诗词翻得尤为吃力,必有错漏,欢迎探讨指正)

bath room

img

作词/作曲/编曲:樱井健太

[verse 1]

何を求め、それを捨てて。

悲しむのは他の誰か。

欲望とか、憧れとか。

そこに残るものはあるの?

在寻求什么呢,快把放弃它掉。

悲伤的会是别的什么人吧。

像是欲望啊、憧憬之类。

还残存着什么吗?

気づかないで、繰り返して。

薄れてゆくほんとの事。

バスルームで嘘をついた少女達は何を見るの?

不要意识到,就这样循环往复。

真实的事物逐渐变得模糊。

bath room里编织了谎言的少女们,在看着什么呢?

「もう忘れたの?」/「まだ覚えてる?」

「已经忘了吗?」/「怎么,还记得吗?」

[chorus 1]

falling girl 深い森の中に潜む

鳥の声に引きずられてゆくの。

falling girl 深く連れ去られていった

悲しみだけ、落とし物の様に。

falling girl 隐藏在森林深处

被鸟的叫声拖曳而去。

falling girl 被带往深处去

只有悲伤,像被遗失下来的东西一样。

夏の風と秋の気配、

それが混ざり捨てられてく。

どこに行くの?ここにはもう、欠けていった感覚だけ。

夏天的风和秋天的迹象,

一股脑地全部抛掉。

到哪儿去呢?这里已经,只剩下不足的感觉了。

「君を見ていた」/「見たくなかった」

「(那时)正看着你」/「其实不想看的」

[chorus 2]

falling girl 君を救えなかったから、

同じ事を繰り返すだけなの。

falling girl 二度と交わわせない約束。

絶望の中、美しい笑顔で。

falling girl 因为没能拯救你,

同样的事情只得循环往复。

falling girl 约定再不会交错。

绝望中,用这美丽的笑脸。

[chorus 1]

[chorus 2]

[verse 1]

my cut

作词/作曲/编曲:樱井健太

去って行った一人の少女。偶像、思想。

聞こえた叫び声は消えてく。

独自离去的少女。偶像,思想。

听到的叫喊声,逐渐消失。

指先、すり抜けてく、冷たく。

だって、こんな日々は二度ときっと来ないから。

鍵が開く音、時計台の鐘が響いていた。

从指尖,穿过,冷冰冰的。

因为这样的日子,再也不会有了。

锁打开的声音,钟楼的钟声响起。

[chorus 1]

君の名前は消えてゆくの。

夢の中の街の様。

枯れた青い花を眺めて、無くした時を二つに切った。

你的名字消失不见。

就像梦中的街道一般。

注视着枯萎的青色花朵,将消失的时刻断为两截。

体に残った傷を舐めても、

変わらない、傷も消えない、ずっと消えないで。

即便舔舐身上留下的伤口,

也不会有变化,伤口不会消失,永远不会消失的。

ホテルのロビーと、時計台の鳥は泣いていたよ。

酒店的大堂和钟楼的鸟在哭泣哟。

[chorus 2]

何故か15年前の事思い出してしまうのは、

何も変わってないからなの。

僕の名前も二つに切って。

要说为什么会想起15年前的事,

是因为一切都没有改变的缘故吧。

将我的名字也断为两截。

[chorus 1]

[chorus 2]

最後のような彼女の曲

最后一般的她的曲子

作词:コショージメグミ(子庄司恵)

作曲/编曲:樱井健太

水玉空 ガラス色の雲 物語は僕に突き刺さる雨

「君の纏う風だといいな。」「ねえ。」「真昼の夢、僕の意識。」

水珠天空。玻璃色的云。故事是刺入我的雨。

「风包裹着你,真不错呐。」「嗯。」「大白天的梦,我的意识。」

いま幼児性はぐにゃりとらえられず 影 温度 幻 消滅 夢の中にいれたら

此刻未被捕获的软绵绵的幼儿性。影子。温度。幻影。消亡。进入梦中的话。

[chorus]

she tune like end 踊ったら オレンジな僕

she tune like end 歌ったら スパイスな君

失楽園 キュラキュラに会えたなら

「僕の世界だけ。」って差しだした「ウソ。」

she tune like end 舞动的话,orange的我

she tune like end 歌唱的话,spice的你

失乐园,骨碌碌地相遇的话

说出「只是我的世界。」这样的「谎言。」

水玉空 ガラス色の雲 物語は僕を0にする。

「わかりあえない、死んだふりです。」「ねえ。」「ここにいない、行方不明です。」

水珠天空。玻璃色的云。故事将我归零。

「不可能明白,是在装死。」「嗯。」「不在这里,下落不明。」

甘い感傷で青く毒を回す夜

最後のような声も届かない消えちゃえ

甜蜜的感伤中,青色的毒流转的夜

恍如最后一般的声音也无法传到,消失不见

[chorus] x 2

snow irony

作词/作曲/编曲:樱井健太

始まりの日の夜は、いつでも雨が降って。

裏口の扉には、煙の中の僕ら、ゆれて。

开始时的夜晚,总是下着雨。

透过后门,烟雾中的我们,在摇晃。

16月から、君はガラスで隠されたよ。

ベッドの中で一人。雪が雨に変わるよ。

从16月起,你就藏在玻璃后面。

一个人躺在床上。雪变成了雨。

何も知らないままで、失った。

声は変わってしまった。

在什么都还不知道的时候,就失去了。

声音,变了。

[chorus 1]

見たくない見たくない見たくない見たくない。これ以上。

知りたくなかった。美しい記憶を笑って。

終わりをわかってた。汚れた結末、気付いてた。

許さない許さない許さない許さない許さない。

不想看到不想看到不想看到不想看到。到此为止。

不想知道的。对那美好的回忆笑着。

知道要结束了。污秽的结局,发觉到了。

不能原谅不能原谅不能原谅不能原谅不能原谅。

あの狂った日常、なにより美しくて。

まるで夜中に光る工場の光の様。

ページ破ったって、変わらない。いつか忘れてしまうの?

那疯掉的日常,比什么都美丽。

简直就是深夜中照射着施工现场的强光一般。

页面破损了,没有变化。什么时候才会忘记呢?

[chorus 2]

わからないわからないわからないわからない。愛とか。

消えてく感情、青色、叶わない夢とか。

ただ一つ思うのはそんな世界さえ愛すの?

もう一つ思うなら、ふふふふんふふふふん知らない。

我不明白我不明白我不明白我不明白。爱什么的。

消失的情感、青色、无法实现的梦之类的。

唯一的念头是这样的一个世界也要去爱它吗?

另一个念头的话,哼哼哼哼哼哼哼哼我不知道。

何も知らないままで失った。

君は変わってしまった。

在什么都还不知道的时候,就失去了。

你,变了。

[chorus 1]

[chorus 2]

14才のおしえて

封套A

封套A

封套B

封套B

请告诉14岁的我

作词/作曲:大森靖子

编曲:樱井健太

先輩…

ねぇー先輩

呼んでみただけ

前辈(译注:翻成「学长」读起来好像有点儿恶心所以就不改动了)

哎~前辈

只是叫一声罢了

おしえて14さいのロマンティック

あたしだけがまだ

知らない未経験があるのは知ってる

请告诉我吧14岁的romantic

只有我还没体验过的未知领域

它的存在你是知道的

乙女心バラバラ バランスがとれない

女子トイレのひみつ 放課後よりもっとあと

少女的心乱七八糟,无法保持内心的平衡

女厕所里的秘密,放学后再晚一些的时候

どこ行くの ハラハラ

制服を脱いでも 終わらない片想い

どうしたって好きなの

去哪里呢,内心七上八下

就算脱下了制服,单相思也无止尽

怎么就喜欢了呢

バカで アホな 同級生とはちがう

1年たっても あたし あんな 大人になれない

和又蠢又笨的同级生不一样的啊

就算再过一年,我也长不成那样子的大人

サクラ殺し せんぱい 渡り廊下駆けてく

ゆらりゆらり落ちてく 恋は…

让樱花变得肃杀(译注:樱+杀,唱的人自己都说不知道什么意思,现译法是她们的猜测结果之一),前辈,在走廊上狂奔而去

摇摇晃晃飘落,恋情它……

おしえて14歳のロマンティック

あたしだけがまだ

知らない未経験があるのは知ってる

请告诉我吧14岁的romantic

只有我还没体验过的未知领域

它的存在你是知道的

興味ないふりした 文化祭ライブで

注目浴びちゃって なんかちょっとシラケる

装作没有兴趣的样子,在文化祭的live上

你受到注目了呢,我稍微有些情绪低落

さわらないで あついから

三つ編みほどいても

からまった恋の 問題がとけない

请不要触碰,因为好热

就算拆开了三股辫

也解不开纠缠不清的恋爱问题

バカね あたし 勉強ばっかで

他にしたいことなんて

べつになかっただけ

真傻啊我,光知道学习

只是也没有别的什么

想要做的事情

サクラ殺し せんぱい こっちを向かないでよ

ゆらりゆらり このまま 卒業まで言わない

让樱花都变得肃杀,前辈,不要面向这边

摇摇晃晃,就这样,直到毕业只字不提

同じ学校なのに違う世界にいる先輩が好きなの

同じ世界なのに違う次元にいる先輩が好きなの

同じ次元なのに違う解釈がある先輩が好きなの

同じなのになんにも同じじゃない先輩が好きなの

喜欢在同一所学校却身处不同世界的前辈

喜欢在同一个世界却身处不同次元的前辈

喜欢在同一个次元却可以有不同定义的前辈

喜欢明明相同却什么都不相同的前辈

先輩 先輩 先輩 先輩 先輩

前辈 前辈 前辈 前辈 前辈

だいすき

好喜欢你

おしえて14歳のロマンティック

あたしだけがまだ

知らない未経験があるのは知ってる

请告诉我吧14岁的romantic

只有我还没体验过的未知领域

它的存在你是知道的

last cat factory

img

作词/作曲/编曲:樱井健太

(欠奉)

blue light

img

作词/作曲/编曲:樱井健太

秋に降る雪を眺めて、光の中にあった小さなノイズ探して、忘れ物探す。

1年前の事を思う。夢じゃないの?古く新しい季節は、いつかの日々で。

凝视着秋天里降下的雪,寻找着光芒中存在的小小的noise,寻找遗忘的东西。

想着一年前的事。那不是梦吗?陈旧的新季节,几时的每一天。

まるでそれは温かな煙、許されるの?

部屋の中で手のひらの影を眺めて、変わらないで。

那简直就是温热的烟雾,也无妨吗?

在房间里凝望着手掌的影子,不要改变。

[chorus 1]

水色は嘘でもいい。透明な夜は繰り返してく。

あの冬は、殺せばいい。

その空は、扉の隙間からこぼれだす。

就算淡蓝色是谎言也没关系。透明的夜循环往复。

那个冬天,杀掉好了。

这片天空,从门缝里满溢而出。

二人、その扉の秘密。雨の中、約束。

叶わなかったのか、誰も知らない。

两个人,这扇门的秘密。在雨中,约定。

结果却无法实现吗,谁也不知道。

冷えた道路、白が積もる部屋、鳴らない音。

2年後とか、美しい嘘を時計台は知っていたの?

冰冷的道路,堆积着白色的房间,不发声响的声音。

两年后什么的,钟塔知道那是美丽的谎言吧?

[chorus 2]

水色は嘘つきで。線の中昨日は消してゆくの。

あの夜は、殺せばいい。

忘れ物、触れた指から春が触れ出す。

淡蓝色编织着谎言。昨日在线的中间消失不见。

那个夜晚,杀掉好了。

忘掉的事物,触碰到的手指宣告着春天。

[chorus 1]


尊重原创:关于转载

我们希望在中文环境中建立一种健康的 TrackBack 和链接机制,保证原创,并不影响传播。因此对于歌词和翻译,我们欢迎您在网站上推荐我们的文章,包括文字和播客片段,但不赞成任何形式的全文转载。